1月

3

スーパーコンパニオンとキャンセル料

旅行をキャンセルした場合、いくらかのキャンセル料の支払い義務が発生しますが、その時期と割合については、個々のケースにもよります。

また、コンパニオンのサービスをセットにした宴会プランの場合は、旅館やホテルへのキャンセル料だけでなく、コンパニオン派遣業者へのキャンセル料も必要になりますので、くれぐれも注意してください。

特に、コンパニオン派遣業者へのキャンセル料の支払い条件は、旅館やホテル以上に厳しいと考えておいたほうがいいでしょう。

コンパニオンは、サービスの種類によって、ノーマルコンパニオンからスーパーコンパニオンまで、いくつかに分かれています。

スーパーコンパニオンは、最上級のサービスが期待できるコンパニオンですので、キャンセル料の割合も、ノーマルコンパニオンよりは割高になります。

また、宴会に参加予定人数が多いほど、キャンセル料も割高に設定されていますので、そのことについても、あらかじめ承知しておくことが大切です。

キャンセル料に関しては、コンパニオンの人数を減らす場合も、キャンセル料の対象になることもあります。

これは、コンパニオンサービスのセットプランでも、あり得ることですので、コンパニオンの人数を決めるときは、くれぐれも注意しましょう。

Posted in キャンセル料 | コメントは受け付けていません。

Comments are closed.